あなたの店も繁盛店に変わります!

 

飲食店経営で成功している人はこの業界で何人ぐらい存在するでしょうか?
あなたの店は繁盛店と呼べるお店ですか?

飲食店とは基本的に『待ち』のビジネスです。

ある場所にお店を構え、お客が来るのを待つ。

うまい料理を作って、いい接客をすれば自然と繁盛するはず。

 

そんな幻想をもって飲食店を始める人が

ことごとく失敗し廃業しています。

 

はたしてその料理はどこのお店と比べてうまいのでしょう?

その接客はどこと比べて良いのでしょう?

 

どのビジネスにも同じことが言えますが、

競合や戦場をはっきり決めないでビジネスを始めたことで

みなさん失敗しています。

 

しかしまだあきらめるのは早いです。

あなたの店が今どんなに売り上げが悪くても、

どんなにお客が来なくてもこれから繁盛店に変えることができます。

すべての飲食店が繁盛店に変わる素質をもっているのです。

 

私はそれに気付いてもらい、売り上げをあげあなたの店を軌道にのせて繁盛店に変えるために本書を書き上げました。

 

 

あなたの悩みはこんなことではないでしょうか?

 


○料理はできるが経営となるとさっぱり

○リピーターが少なく安定した売り上げになっていない

○お客の心をガッチリ掴むような店が作れない

○お客を引きつける看板メニューがない、作れない

○お店の色にあった接客方法がわからない

○どうやって新規のお客を集めればいいかわからない

○売り上げをあげるために具体的になにをしたらいいのかわからない

 

 

これはすべてある方法によって解決できます。

それが本書の

『まったく人通りのない路地裏店にも

お客がザクザク集まってしまう飲食店経営マニュアル』です!

 

 

初めまして小堀です。

私がこの飲食業の世界に入ってからもう8年が過ぎました。

8年前から景気はとくに変わらず

相変わらず厳しい状態が続いています。

 

震災やエコ、ロハスの影響で外食産業は

かなりの痛手を負っています。

そんな中でも常にお客を集め続け

売り上げを上げ続けている店もあることも事実です。

 

そんな店とあなたの店のなにが違うのか?

私がこの業界で培ってきた

調理技術・接客技術・経営理論

をすべて駆使し駆け出しではありますが

こうして独自の理論を公表させていただくことになりました。

 

あなたの不安はすべて取り払うことができます。

本書では7つの項目からあなたの店を繁盛店に変えていきます。

 

【第1章】

そこそこ以下の冴えない店を

繁盛店に変えるために行う

経営者への意識改革

 


ではあなたの『料理はできるけど経営となるとさっぱり・・・』

という不安を解消します。経営に必要なのは戦略です。

 

この章では飲食店の経営戦略に焦点をあてて、

いっしょにあなたの店の戦略を考えて行きます。

 

戦略には一貫性が必要です。

その一貫性が強ければ強いほどその戦略は威力を発揮します。

競合と戦場をあきらかにし、

強みを使ってターゲットにメッセージを送る。

 

たったこれだけのことですがこれができない人が多いのです。

 

まずはあなたの脳を料理人から経営者に変える

ところから始めないといけません。

しかし安心してください。

私がその考え方を丁寧にわかりやすくお教えします。

安心してついてきてください。

 

 

【第2章】

1回しか来てくれないお客を

「またあの店に行きたい」と思わせ

固定客にしてしまう方法

 

 

あなたの店に過去1回だけ訪れて

その後まったく来なくなったお客は全体の何%ぐらいだと思いますか?

20%?30%?

 

 

いえ正解は60〜70%です。

「ええ?そんなに!?」と思うかもしれませんが本当です。

 

しかし繁盛店はこれが半分の30〜40%ほどなんです。

 

この違いはどこにあるのか?

もちろん料理や接客で他の店より優れていたということもあるでしょうが本当の理由は違います。

 

それは○○○○○からです。

繁盛店はこの○○○○○を大事にしています。

 

お客が「今日の夜はイタリアンが食べたいな〜」と

思い頭の中でどこに行こうか考えます。

ここでお客の頭にでてくのが繁盛店。

出てこないのが繁盛しいていない店、つまりあなたの店です。

 

ここでお客の頭に出てくるようにするには

脳の働きを理解することが重要です。

それを理解することができればあなたの店は

固定客であふれることになるでしょう。

 

 

【第3章】

お客の心をガッチリ掴んで離さない

ダイレクトメールの必要性と活用術

 


数年前から飲食店によるダイレクトメールが定番化されてきました。

お店にきたお客のメールアドレスを聞き、

そこに定期的にメルマガを送る。

これはマーケティングにおいて非常に有効は手段です。

 

あなたの店に興味があり来店しているお客は

次も来てもらいやすい優良な見込み客です。

そんな顧客に直接メッセージを送ることができたら・・・

 

こんな効率のいいことはないですよね?

 

しかしどこの企業・個人店も

このダイレクトメールの本質をわかっていません。

そんな使い方をしたら逆にお客は離れて行っちゃうのに・・・

と思うことばかりです。

 

この活用術を知っていれば

間違いなく他店との差別化が可能です。

差別化とは経営においてとても重要な課題ですから。

 

 

【第4章】

安定した売り上げを残すために

必要な毎日でも食べたい

看板メニューの生み出し方

 


お客はあなたの店に何を食べに来てますか?

 

うちはイタリアンなんだからイタリアンだろう?

うちの唐揚げ定食は一押しです!

すべてがおすすめです!

 

こんなこと言ってないですか?

これこそが繁盛していない店の共通点です。

あなたの店がイタリアンだろうが定食屋だろうがケーキ屋だろうが

関係なくお客に「あそこのあれが食べたい」

と思わせるようなメニュー、つまり看板メニューがあるかないか。

ここに繁盛店になるためのヒントが隠れています。

 

看板メニューとは

来店したお客の8割が注文するようなもので

あなたの店の売り上げを支えているメニューのことです。

 

繁盛していない店にはこれがありません。

なんとなく全部おすすめ・・・

そんなことはありえないのです。

 

ここでは店の命である看板メニューの生み出し方をお教えしています。

この看板メニューがあなたの店を救ってくれます。

 

 

【第5章】

お客の見下したい欲求を満たす

最高の接客術

 

 

いつの時代もお客はわがままです。

店側を見下しています。

そんなお客に簡単にお金を払ってもらえる方法があります。

 

『相手の立場にたって』とはさんざん言われてきました。

これは間違ってはいません。

しかしもっとお金をとるには相手の心理を利用する必要があります。

 

お客のわがままを聞けば繁盛する

なんて思っている経営者はまだ多くいます。

それは間違ってます。

わがままを聞く行為、それはただお客に媚びているだけです。

そんなお客に媚びる店が繁盛店になれるでしょうか?

そこそこ流行るかもしれません。

しかしお客に心から愛される大繁盛店にはなれないでしょう。

 

お客の見下したい欲求を満たすこの接客方法を使えば、

お金を多く払ってもらい、

かつ愛される店になることができます。

 

 

【第6章】

受け取った人が思わず目を通し

今すぐ行きたいと思わせる

効果的なチラシの作り方

 

 

新規のお客を集めるにはいろいろな方法があります。

その方法にはお金がかかるものから無料でできるものまで。

無料でできることはたかがしれています。

 

今回お教えするのは多少お金がかかりますが

良いお客を集めるのに非常に有効な方法です。

 

良いお客とはあなたの店の○○に○○したお客のことです。

無料の方法ではこのお客は集まりません。

お金は多少かかりますがやり方は簡単です。

優良な見込み客を見極めそのお客に刺さるメッセージを伝えるだけです。

 

そうして来店したお客はあなたの店の○○に○○したので

簡単には離れません。

しかも最初から高単価な商品を買ってくれる可能性もあります。

無料で集めたお客と違うところはここです!

 

マーケティングとはいかに集客するかです。

この章を読んで新規客をザクザク集めましょう!

 

 

【第7章】

スタッフ全員で追いかける

売り上げをあげる具体的な方法

 

 

今まではお客を集めたり、接客や調理の部分

そして意識の改革を行ってきました。

 

そのすべてを駆使し、次は実際に

『どうやって売り上げを上げるか?』についてです。

お客が来ても売り上げの上げ方がわからないんじゃ

しょうがないですよね?

 

売り上げとは

『客数』×『客単価』

で表されますがそれだけでは具体的とは言えません。

 

さらに具体的にするためにそれを細分化し、

使い方をお教えします。

売り上げをあげる方法を知っているか、知らないかでは

大きな差が生まれてしまいます。

 

お客の心理を理解し、仕組みを理解する。

そうしてようやく売り上げが上がっていきます。

その方法を知ってください。

 

もちろん全額返金保証します

 

いくら本書は安いとはいえ

役に立たないものをお売りするわけにはいきません。

ここには私の経営論のすべてが記されており

絶対の自信を持ってご紹介させていただいてます。

なので本書をお読みいただければ

3ヶ月後にはお客がザクザク集まり、

繁盛店に変わったあなたの店に

多くの利益が生まれていることと思います。

 

しかし万が一、

購入し真剣に実践したのに180日後、

今より売り上げが下がってしまった場合、

購入代金を全額返金させていただきます。

 

ご購入されてから180日後から返金を受け付けます。

ご連絡があった場合に返金可能となります。

本書記載の連絡先に振込口座を明記の上メールしてください。

1週間以内に全額振込させていただきます。

もちろん本書はそのままあなたのものです。

ご自由にお使いください。

3ヶ月あれば問題ないのですが余裕を持って180日みます。

 

安心してあなたの店に役立ててください。

本書の販売前にモニターの方たちに

本書を1ヶ月間利用していただきました。

その感想をいただいてますのでご覧ください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆お好み焼き店経営 Y.Tさん(46歳)

 

小堀さんこんにちは。

 

小堀さんから今回のお話を伺ったとき最初はいきなりのことだったのでかなりビックリしました。私の店は埼玉の郊外にあり、お世辞にも繁盛店とは言えませんでした。なのでこのお話を聞いたときぜひやらせてほしいと即答しました。

いただいたその日徹夜ですべて読み切り、それと同時に驚愕しました。私がやってきたことは『経営ではなかった』んだと。

ひとつひとつですが実践していき、まだ1ヶ月ですがなにかが変わり始めているような気はします。

売り上げは先月とほぼ同じですが店の雰囲気があきらかに変わりました。スタッフの目が前とはあきらかに違います。

小堀さんのサポートを受けながらあと2ヶ月がんばって、目標は毎日満席の繁盛店です!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

☆イタリアンカフェ経営 M.Oさん(32歳)

 

料理一筋でやってきた僕にとって、うまいものを作れば客は来るものだと思っていました、実際にそこそこの売り上げはありました。

そんなときに小堀さんにこの商材をいただき半信半疑ではありますが実践してみました。

最初は信じられませんでした。そんなことで客が来るのか?

と思いながらやってましたがわずか2週間で変化がおきました!

『あれ?あの人昨日も来たよな?』という状況が何回もおきたのです。

この商材の第4章を実践して看板メニューを作った結果、ランチタイム、ディナータイムともに固定客が生まれました。

ホールスタッフとも意見を交換し共有しながらこれからも意識してこの商材のことを実践し、真の人気店を目指します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

☆個人居酒屋経営 A.Sさん(35歳)

 

昔からの夢だった居酒屋を始めたのが30なのでもう5年になります。

何度もうやめようと思ったことかわかりません。

たまたま小堀さんと出会いこの商材を譲り受けました。

料理は料理人を雇っています。彼は私より年上ですが経験は私より短かかったので私の意見で店を進めていくことが多かったです。

この商材で1から経営を勉強させていただきました。

1ヶ月という短い期間にもかかわらず即効性のあるこの商材のおかげでもう少しがんばってみようと思っています。

ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

☆カフェ経営 J.Kさん(29歳)

 

私は都内のカフェで雇われ店長をしています。

結果だけ言えば大感動です!

もっと早く教えていただきたかったです(笑)

経営が楽しくなりました!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

お客が感動するようなサービスをする秘訣

 

本書ではとくに『サービス』についても詳しく書いてます。

よく焼き肉屋の帰りにガムをくれますよね?

やり始めた当時は画期的なことでかなり受けました。

しかし今、これをサービスだと思ってはいけません。

あなたが経営者ならなおさらです。

お客がほしがるサービスとはなんなのか?

これを理解しておけばあなたの店に訪れたお客は

喜んで次回もあなたの店を使うでしょう。

 

お客があなたの店を選ばないのは

ただサービスが悪いからだけではありません

他にもさまざまな理由があります。

が、1番大きな理由。

それは○○○○からです。

 

これがわかるとあなたがやらなければいけないことが

自然とわかります。これは人間の心理にかかわってくることなので

ある工夫をしてあげることで簡単に解決できるんです。

第2章で確認してください。

 

 

 

値段はいくらなんだろう?

 

ここまでぎっしりと内容を詰め込んだ本書を

いくらでお渡ししようか非常に悩みました。

これ1冊で経営の基本的なことが学べ、

しかも具体的な売り上げUPの方法まで載っている。

これを書いた理由は私も現在進行形で現場で働いていて、

その辛さを経験したことがあるからです。

 

この『繁盛店に変える方法』を

そんな辛い経験をしている仲間に教えたいからなんです。

いっしょにがんばっていきたい。

そんな気持ちを込め1万円で販売しようと思いました。

 

もし同じことを経営コンサルタントに依頼したら

平気で20万、30万飛んで行きます。

そんな余裕がないからお願いしたいはず。

しかし売り上げUPの商材が

同じぐらいの値段で売られているのも事実です。

その販売者の方たちよりも私の方が

あなたを救いたい気持ちが強いことを証明するために本書を

1万円を大幅にきる5980円でお渡しすることに決めます!!

 

 

5980円は、飲食店での平均客単価が

3000円ほどなので2名1組集客できれば元はとれる

ということです。

さらに本書には全額返金保証もついています。

もう迷うことはありませんよね?

ダウンロードファイル PDF101ページ
ダウンロードファイル PDF全101ページ

これだけではさすがに不安ですよね?今回はその不安を払拭すべく2つの特典をお付けします。

 

 

ーーー特典1ーーー

 

1ヶ月間回数無制限メールサポート付き

 

購入してから最初の1ヶ月はとても重要です。

そんな大事な時期に私があなたを徹底的にサポートします。

内容はささいなことでもかまいません。

こんなメニューどうでしょう?

もう少しここを詳しく聞きたい!

などどんなことでも相談してください。

 

 

ーーー特典2ーーー

 

購入者限定個人コンサル半額

 

もし内容に共感してくださり個人的に

本格的なコンサルティングを私に依頼する場合、

購入者様には特別に半額で実施いたします。

本書記載の連絡先にメールにてご連絡ください。

 

もちろん値段に関係なく全力で取りかからせていただきます。

 

 

 

《《ここで良く頂く質問にお答えします。》》

 

 

 

Q.経営者ではなくただのスタッフなのですが購入しても意味ありますか?

 

A.はい、もちろんです。

飲食店は経営者、スタッフ全員で問題に取り組み解決していくことで売り上げがあがります。そんな意識の高いスタッフがひとりでも多く必要です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Q.これからお店を出したいんですが、まだ間に合うでしょうか?

 

A.はい、大丈夫です。

これから出店するという人ほどいいスタートダッシュをきるためにも購入してください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Q.お金がかかることなんでしょうか?

 

A.お金を使ってどうこうと言うことは言いません。しかし、多少お金をかけたほうが優良顧客は集まります。それをわかった上で使うか使わないかはあなた次第です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Q.私にもできるでしょうか?

 

A.もちろんです。誰にでも、どんな店にもできることしか書いていません。大事なのはまずは『経営とはなにか?』を知ることですから。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Q.小さい店なのでスタッフが自分ひとりなんですができますか?

 

A.はい。あなた次第で店の運命は変わってきます!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Q.本当に売り上げはあがりますか?

 

A.もちろん店や人によって誤差はありますが、真剣に取り組んでいただければ結果はついてきます。真剣な人しか買わないと思うので心配はいりません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

あなたの店を繁盛店に変える7つのノウハウ

 

まさに今回私がお伝えしたいのはこれです。

この7つのノウハウであなたの店は生まれ変わります。

 

このまま閑古鳥が鳴き続ける店のままでいいんですか?

仕込んだものは誰にも食べられることなく

期限を迎えて捨てるはめになり、

来るかもわからないお客をひたすら待ち続ける。

 

あなたが開店前にイメージした『あなたの店』はこんなもんなんですか?

 

正しいやり方をすればお客は集まります。

また来てくれます。

おいしいと言ってくれます。

あなたの接客を受けて感動し、

それを友達や家族に話してくれます。

そしてお客は増え続け

あなたの店は繁盛店にかわるのです!

 

あなたが店を始めた理由を思い出してください。

笑顔が溢れ、みんなに愛される店を作ろうと決意しましたよね!

あきらちゃいけません!

すべてのお店に可能性はあります!!

 

本書の内容を3ヶ月から半年実践して私にメールを送ってください。

 

 

『私の店は繁盛店です。』と・・・

 

ーー追伸1ーー

 

本書はあなたの店の経営を立て直すためのマニュアルです。

サポートも真剣に行います。

なるべく多くの人のお役に立ちたいので

『これ以上のサポートは無理!』

と判断した場合、予告なく販売を停止いたします。

その後の再販はいたしません。

そうなる前に購入を決意してください。

 

 

ーー追伸2ーー

 

今まで通り苦悩の日々を過ごすのか、

お客に囲まれて忙しくても楽しい日々を過ごすのかは

あなたの今の判断にかかっています。

 

このままでいいはずがないですよね?

私は真剣にあなたを応援しています。

本書は5980円という安さゆえに私に利益はありません。

私の気持ちは価格にも現れています。

 

あなたが今一歩踏み出し行動することによって未来は変わります。

いっしょにがんばりましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!